【オンライン催事特設ページ】ブノワ・ニアン ~秋の美食ショコラ~

※こちらのオンライン催事は期間終了いたしました※

日頃よりブノワ・ニアンの商品をご愛顧賜り誠にありがとうございます。

この度、10月27日(水)より開催される銀座三越、西武池袋の期間催事と並行し、オンラインショップでも秋の催事を開催いたします。催事にご来場いただけない方もぜひこのページでブノワ・ニアンの商品をご覧いただき、気になる作品を選ぶ楽しみを体験いただければと思います。

 

〈食欲の秋〉〈芸術の秋〉

希少な産地別カカオと、徹底的にこだわり抜いた製法を用い、素材本来の味わいを磨きあげたブノワ・ニアンの特別なチョコレート。本格的なチョコレートシーズンに先がけ、食欲の秋、芸術の秋にふさわしい一品をご紹介いたします。

 

~ 日本限定"和"素材コレクション ~

和コレクション

Wa Collection(和コレクション)』¥2,160(税込)

ブノワ氏が日本のチョコレートファンのために仕立てたフレーバー、「Matcha au Lait(抹茶オレ)」と「Yuzu(ゆず)」。日本産の抹茶と柚子をそれぞれ使用した特別な2粒です。

10月の誕生石「トルマリン」のような鮮やかさを放つ、ブルーの限定パッケージが特徴。蓋を開ければ枯山水を思わせる波紋柄のボンボン、煌びやかな金粉(柚子の粉末を使用)をまぶしたボンボンが出迎え、一気に和の世界へといざないます。カカオの中に閉じ込められた日本の風味を贅沢に味わってみてはいかがでしょうか。

※この商品は40個のみの数量限定販売となっております。(こちらの商品は10/25をもち完売いたしました)

 

 ~ ブノワ・ニアンへの扉を開くベストコレクション ~

ベストコレクション

Best Collection(ベストコレクション)』¥1,566(税込)

ブノワ・ニアンのチョコレートがはじめて、という方にはこちらのコレクションがおすすめ。ベーシックな2粒にピンクのハートを添えた、まさに“ブノワ・ニアンへの扉を開く”一品です。

甘さと苦さのバランスがちょうどよい「Vanille(バニユ)」、ブノワ・ニアンはじまりの地とも呼べる農園のカカオから作られた「Lajedo do Ouro(ラジェドドオウロ)」、見た目もサクサクの食感も楽しめる「Pink Connection(ピンクコネクション)」。手に取りやすい3種のボンボンをお楽しみください。

 

~ ブノワ特選カカオコレクション ~

ブノワコレクション

Benoît Collection(ブノワコレクション)』¥2,646(税込)

アイコニックな2種類のハートと、“カカオの純粋性”が色濃く反映された3粒が入った、まさにブノワ・ニアンらしさを象徴する特別な一品。

ブノワ氏が単一品種にとどまらず、単一畑からのチョコレート製造にこだわり続ける理由は、カカオが持つ個性を最大限に引き出すため。ブノワ・ニアンを代表する「Mayan Red(マヤンレッド)」、「Rio Dulce(リオドゥルセ)」、「Lajedo do Ouro(ラジェドドオウロ)」を食べ比べることで、アロマの違いをダイレクトに感じ、それぞれの個性をお楽しみください。

 

~ 魅惑のフルーツコレクション ~

フルーツコレクション

Fruits Collection(フルーツコレクション)』¥2,376(税込)

果実の魅力を最大限に引き出すため、抹茶やはちみつ、ハーブやスパイスを合わせたコレクション。クラシックなフレーバーが多いブノワ・ニアンのチョコレートの中で、一際目立つアクセントの効いたボンボンを集めたのがこちらの商品です。

苺×華北山椒のような意外ともとれる組み合わせには、ブノワ・ニアンの感性が光り、ブノワ氏本人も「面白いレシピ」と謳う個性豊かなラインナップが集結しました。

 

~ 究極のオールスターコレクション ~

オールスターコレクション

Allstar Collection(オールスターコレクション)』¥6,264(税込)

ブノワ氏のカカオへの情熱とチョコレートへの愛情をすべて味わいたい!という方には、こちらの14粒入りコレクションがぴったり。はじめての方はもちろん、ファンからの熱い支持もいただく一品。

美術館でじっくり作品を鑑賞するように、まずはずらりと並ぶボンボンショコラたちを眺めてみるのも楽しみ方の1つ。説明書を片手に「さあ、何から食べようか」と贅沢に悩むのも、このコレクションならではです。生産者を大切にしているブノワ・ニアンのチョコレートだからこそ、心置きなく堪能できる至福の時間をどうぞお楽しみください。

 

~ 素材で挑むタブレット ~

タブレット

De La Feve a La Tablette(タブレット)』各種¥2,376(税込)

カカオのブレンドを一切行わない「シングルオリジン」を象徴するタブレットコレクション。原産地により異なるカカオのアロマの特徴を、ブノワ・ニアンのコンチエイジ製法によって引き出しました。バナナやベリーのようなフルーティーな風味のものから、コーヒーのようなニュアンスのものまで。未知のカカオを求めるブノワ氏の、探求心と熱意が詰まった一品です。

※輸入品のため数に限りがございます。

 

~ 農園から焼き菓子へ~

フィナンシェ

フィナンシェアソーティモン(5種)』¥1,755(税込)

同じカカオを使っていても、タブレットにするのか、ボンボンショコラにするのか、はたまた焼き菓子にするのかで味の広がり方が異なります。タブレット、ボンボンショコラ、焼き菓子と様々な形で、ブノワ・ニアンらしい産地別カカオの個性を比較するのも面白いかもしれません。

 

〈読書の秋〉~あわせてご紹介~

ブノワ・ニアンの書籍

Beau livre: De la Fève Au Chocolat - Racine

みなさんご存知でしょうか。ブノワ・ニアン氏は書籍も刊行されています。ベルギー本国のオンラインショップのみでの販売となっていますが、ブノワ・ニアン氏による「Bean to Bar」へのこだわりを、鮮やかな写真とともに伝えています。(取り扱いはフランス語のみ)

 

〈特典情報〉

現在税込¥8,100以上(送料抜き)ご購入の方を対象に、「ブノワ・ニアンロゴ入りオリジナルタンブラー」と「チョコレートドリンク用チップチョコ」プレゼントのキャンペーンを実施中です! (★詳細ページはこちら) ショコラグラッセ

16世紀にヨーロッパに持ち込まれ、17世紀までは飲み物として楽しまれていたカカオ。カカオの原産地であるメキシコの先住民も、カカオ豆をすりつぶし、トウモロコシの粉やバニラ、スパイスなどの香辛料を加えドリンクとして飲んでいたと伝えられています。

本キャンペーンについてくるチップチョコは日本未発売の商品になります。ドリンクとして召し上がることで、カカオの個性的なアロマをより一層深く味わう。この機会に、昔ながらのカカオの楽しみ方を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

さて〈ブノワ・ニアン ~秋の美食ショコラ~〉特集、楽しんでいただけたでしょうか。ブノワ・ニアンをはじめて知った方も、既にファンでいてくれている方も、新たな発見があれば幸いです。